スズキクンクンの気持ち

ガールズバー、コンセプトカフェ、JK風リフレ、風俗などの雑感。

仙台Yちゃん①

約8年前(2010年秋)。

今は違うけど、その頃は超がつくほどおっぱい星人だった。繰り返すけど、今は違うよ?

当時ハマっていた風俗のオキニは皆巨乳だった。Fカップは当たり前。G、Hカップの子もいた(吉祥寺、高円寺のピンサロ、池袋のホテヘルなど)。今思えば豊作だったなあ。。。

しかし、それでも飽き足らずインターネットで巨乳風俗嬢を探し回っていた。当時スマホは普及していなかったから、ガラケーの「iモード」を駆使して。ある日僕は「巨乳  風俗」という絶妙な検索ワードをひらめいた。敢えて地名は入れずに。すると仙台のデリヘルで働いている「Yちゃん」という女の子が引っかかった。

パネマジが怖くて風俗に行けるか! - スズキクンクンの気持ち

↑の記事のとおり、パネマジで辛酸を嘗めて目が肥えていた僕は驚いた。

「これは。。。本物のGカップだ。。。しかも形も良さそう。。。」

ブラで盛って巨乳に見せかけている写真は結構見るけど、Yちゃんのそれは違った。

当時、埼玉寄りの東京に住んでいたことから、大宮駅へは短時間で行けた。大宮駅から東北新幹線に乗れば、2時間かからずに仙台に行けることが判り、居ても勃(た)ってもいられなくなった。

次の週末、Yちゃんの予約を入れた。

スズキクンクン「あの、◯日△時から、Yちゃん120分予約できますか?(せっかく行くわけだから、長めのコースを予約した。ハズレが来たら、まあ仕方ない、と)」

店員「はい。大丈夫です。120分3万円になります。ホテルはどうなさいますか?立町(国分町)の□□とか××とか」

スズキクンクン「出張(ウソ)で初めて仙台に行くので、よくわからないんですよね」

店員「では、仙台駅に着いたらお電話ください。ご案内します。」

僕は仙台行きの切符を握りしめ東北新幹線に飛び乗った。今では、東北新幹線の車内のメロディを聴くだけで勃起できるようになった。パブロフの犬ってやつだね。

仙台駅で降りると、東京とは明らかに気温が違った。色んな意味で身震いがした。

 

続く。

20180924

 

↑の続き

 

――――――――――

JK風リフレの店舗(マンション)の玄関にて

 

Sちゃん「今日もありがとう!!また来てね」

スズキクンクン「うん!!」

(Sちゃんに手を振った直後に、玄関ですぐそばに座っているイケメン店員さんに)

ス「すみません、明日のSちゃんも予約したいんですけど(真顔)」

Sちゃん「え!?」

イケメン店員「お、おぅ。。。」

 

今日(9/23)はSちゃんの予約が埋まっており19時まで待たされた。散々我慢したあとの射精が気持ちよいのと同じで、19時まで待ってからSちゃんと過ごしたこの90分間は頭が真っ白になるくらい気持ちよかった(性的なサービスはありません)。

もうこの時点で明日(9/24)のSちゃんの出勤は確定していたので、明日は待ちたくない!と勢いで予約してしまったというわけだ。

 

――――――――――

帰宅して我にかえったら、明日(9/24)は連休最終日だし家で大人しくする方がよいのかな。。。と迷いが生まれた。しかし、キャンセルはしたくなかった。以前風俗をキャンセルして痛い目に遭ってるんだよね(いずれ記事にします)。Sちゃんに会ったら何から話そう、と、そんなことばかり思っていたらいつの間にか眠りについていた。

 

――――――――――

9/24(月)

12時間ぶりに池袋に降り立った。家の最寄り駅から池袋まで、ドアツードアで片道1時間半くらいかかるけど、潔癖だからネカフェは無理なので、毎回家に帰っている。自分の布団で寝たいし。

12時間ぶりに会うSちゃんは、相変わらずかわいかった。今日はお散歩コースにした。お昼時だったので池袋のパルコの8階にある「寿司田」に行った。おいしくて雰囲気も良いので、池袋でデートするときの候補の一角。秋限定のランチを食べた。秋刀魚がうまかったなあ。。。Sちゃんは食べ方がキレイで、育ちの良さがにじみ出ていたよ。「今日はリフレの仕事が終わったら、友達と水族館に行くんだ」とニコニコしながら話してくれた。寿司屋を出たあと、お散歩の時間終了までファミレスで談笑して、店(マンション)まで送り届けてバイバイ。

 

Sちゃんにたくさん会いに行きたいけど、JK風リフレはコンセプトカフェやガールズバーと比べたらコスパが悪いし、僕は色んな店に遊びに行きたいタイプだから、Sちゃん一点集中は出来ないな。。。

 

2018年は、もう気づけば残り2ヶ月あまり。年末は毎年恒例の「推し挨拶回り」をする予定なので、その時またSちゃんに会いに行くよ。お元気で。

パネマジが怖くて風俗に行けるか!

パネルマジック、略してパネマジ。風俗好きな男性の中には、この言葉を目にすると嫌な記憶がよみがえる方もいるだろう。

パネマジとは。ソープ、ヘルス、ピンサロ、オナクラ(業態の定義は過去記事参照)などで、写真(パネル)とイメージの違う女が出てくること、またそれによりションボリしちゃうことを指す。イメージとは、顔とか、スリーサイズなど。

僕も何度となくひっかかった。風俗に縁のない方は、どこでも良いので風俗店のホームページを見てほしい。カメラのことは門外漢だからアレだけど、「プロが撮った奇跡の1枚」的な写真がプロフィールに載っているんだよね。モザイクがかかっていると、さらに期待が大きくなってしまう。

最近は(と言っても10年くらい前から)、「写メ日記」なるものを採り入れる店も増えた。プロフィールの「奇跡の1枚」だけでなく、女の子が写真つきのブログを日々更新していて、それを見て容姿を判断することも可能になった。写メ日記が台頭してから僕の勝率はいくぶん上がったような気がするけど、ここ3年くらいで画像加工アプリも急速な進化を遂げているから、写メ日記の写真もだんだん信用できなくなってきた。よく考えたらTwitterだってそうだよね。いたちごっこ。

「あー、この写真あやしいな」という嗅覚を磨くためには、失敗しながら色んな女の子に入って経験を積むことが肝要。あとは、ネット上にある「その子の体験談」も割とリアルな記載で、参考になったりする。穴兄弟に感謝。

 

パネマジはあくまでも「イメージが違う人」が来ること。一度だけ、パネマジではなく「全くの別人」が来たこともある。これは「振替」と呼ばれる悪質な手法。もうショックすぎて、「帰っていいよ」って言ったんだけど、時間にならないとお店に戻れないから、とホテルに居座られて、60分間生きた心地がしなかった。60分間ずっとYouTubeでモヤさま観てた。モヤモヤしたわ~。

 

―――――――――

パネマジの心配がない出会いカフェ(出会い喫茶)のシステムを知った時は衝撃だった。その話はまた別の機会に。

【エロ注意】スズキクンクン的ピンサロの楽しみ方

※この記事には性的表現が含まれます。

みずほ銀行がこの三連休ATM使えない(お金引き出せない)せいで遊びに行けないフラストレーションを殴り書きしたので、いつも以上に読みづらかったらすみません。

 

 

 

―――――――――

過去記事でも触れたが、風俗にはピンサロという業態がある。(地域によって定義が違うみたいだけど、関東では)ソファーやフラットシートに座っていると、女の子がやってきて、オシボリでチンチンをフキフキしてフェラしてくれる店だ。個室ではない。フロア内をボーイが見回ってる。フロアの中にソファーやシートがいくつもある感じ。

かつて斎藤佑樹が「ハンカチ王子」として名を馳せたが、スズキクンクンは「オシボリ王子」を自任できるくらいピンサロに通った。

ソファーやシートに座ると、見えるところに注意事項が貼ってある。連絡先交換禁止、出待ち禁止、高価なプレゼント禁止、などは風俗を嗜む男なら常識。一際目を引くのが「女の子の頭を押さえつけたり、アナルなめを強要するなど、女の子が嫌がる行為は禁止」的なやつ。

ピンサロでフェラしてもらってるときに、女の子の頭を押さえつけることで興奮を得る鬼畜な男もいるみたい。イラマチオってやつですか。AVでそういうのがまかり通ってるから、真似するやつが出てくるんだよね。僕は全然興味がない。むしろフェラさせない。フェラって顎つらいんでしょ?僕は中3で顎関節症を発症してるから、相手の顎に負荷がかかることは求めない。

そこで、伝家の宝刀「乳首なめ手こき」ですよ。スズキクンクンが如何に乳首が好きかは、↓の記事を参照して頂ければわかります。

 

ピンサロは「個室」じゃないので、ボーイが通路を徘徊して、上記の鬼畜行為をしている輩がいないかチェックしている。「お前業務範囲を超えてエロ目線で見回ってるだろ!」と言いたくなるボーイも多い。何しろ、女の子は全裸になって客に奉仕しているわけだから。

そこでスズキクンクンは、女の子に乳首なめ手こきをしてもらいながら、敢えてボーイをガン見する。「ほら!うらやましいだろ!悔しかったらお前も客として入ってみろ!」と言わんばかりに。でも、あまりボーイを見てるとチンチンが萎えてくるから、バランスが大事である。

あとは

【エロ注意】コンドームの功罪 - スズキクンクンの気持ち

でも書いたように、ピンサロでもコンドームをつける。女の子も自分も守る遊び。

 

ピンサロって、行ったことない人にはイメージしづらい空間だと思うので、頑張って書いた。伝わりましたか?(笑)

 

 

女の子のドリンク

最近お部屋探しでバタバタしていて、久しぶりの更新ですみません。

 

―――――――――

中田英寿サムライブルーの背番号7を背負っていた頃、僕のガールズバー遊びは今よりだいぶ尖っていた。女の子にドリンクをほとんど飲ませなかったのだ。ドリンク代(700~1000円が相場)がもったいなかったし、「おねだり」してくる女の子が苦手だった。女の子に媚びを売るような自分も嫌だった。

 

中田英寿が旅人を志向するようになった頃から、僕のガールズバー遊びはだいぶ丸くなってきた。いいなと思う女の子には、おねだりされなくても自分から「良かったら飲む?」と水を向けるようになった。水商売だけに。

今では、お気に入りの女の子の歓心を買うために飲ませることが増えた。そういうことをしないと、目の前の女の子は楽しんでくれないのではないか、ドリンクも出さないケチなスズキクンクンと話していても楽しくないのではないか、と思うようになったから。

 

―――――――――

かりんちゃん(神奈川某所のガールズバーのお気に入り)と交わしたルールがある。

「1セットに1杯」は保証するけど、逆にそれ以上は飲ませないよ、というルール。

これも、上述のとおり、飲ませないと場が盛り上がらないのではないかという自信の無さの現れだ。

そのガールズバーは最初の1セットが50分、延長が30分単位という変則的なシステムである。かりんちゃんは最初の頃(昨年夏頃)はそのルールを忠実に守っていたが、最近その均衡が崩れかけている。

 

(1セット目の中盤に)

かりんちゃん「ねー!喉かわいた!もう1杯ちょうだい」

スズキクンクン「ダメだよ。1セットに1杯って言ったじゃん」

か「そうだけど。。。最初のセットは50分だから長いの! 30分に1杯って考えればいいじゃん!ね~お願い!」

ス「いや~ダメ(内心OKと思っているが引っ張る)」

か「お願い!ね!」

↑このターンを3回ほど繰り返した後

ス「じゃあいいよ」

か「あはは(笑)優しいね(笑)ありがとう(超絶スマイル)」

 

もともと、かりんちゃんは昨年6月25日に、かわいすぎて場内指名したほどで、完全に見た目から入った女の子だから、そんなかわいい女の子に「ね~お願い!」とか言われたら、そりや出しちゃうわ。1年以上指名し続けてるから、性格の良さも知ってるし憎めない。なんかルールを逆手に取られている気がするけど、まあいいか。

 

最近かりんちゃんは1杯のドリンクに飽き足らずシャンパンをねだり出したので、それは断ってる。フリではなく。

【エロ注意】コンドームの功罪

※この記事には性的表現が含まれます。

 

コンドームの適正な使用は、避妊に効果があり、エイズを含む他の多くの性感染症に感染する危険を減少しますが、100%の効果を保証するものではありません。(箱の記載より)

 

 

風俗で挿入の際にコンドームを装着するのは(僕の価値観では)当然として。

リスクを覚悟で「生」でやる人もいるみたいだけど。吉原の高級ソープなどでは生を売りにしている店もあるみたいだけど。そういうのに興味はない。

僕はフェラや素股でもゴムを付けます。ピンサロでは、ソファに座り女の子が来る前に、見回りのボーイさんにドヤ顔で「コンドームください!」と言う。女の子に訊くとこれは結構マイノリティみたい。僕はとにかく粘膜接触が嫌だ。性病検査も季節の変わり目に必ず行きます。保健所で四季のうつろいを感じる。潔癖なのかな?

 

これは結構デリケートな問題で。

目の前の客がフェラや素股の段階でコンドームを付けたら、場合によっては、女の子は「自分が性病を持っていると疑われているのでは?」と訝ってしまう。

女の子はリスクを覚悟で生フェラ、素股をやる、それが私の仕事なんだって思っているはずだから。もしかしたら失礼なのかもしれない。

だから僕は「早漏だから、ゴムつけないとフェラですぐいっちゃう」と言い、装着する。女の子を傷つけないように。

 

基本的にフェラをしないオナクラだったら、ゴムをしなくても安全。最近はオナクラばかり行っている。オナクラの女の子は、やたらと乳首なめうまいし。もしかしたら、僕みたいな考えを持ち、粘膜接触を避けてオナクラで働いている女の子もいるかもしれないね。

 

僕は家庭を持つ覚悟が出来ていないので、プライベートでもゴムは欠かさない。ホテルのゴムは破れているかもしれないので付けないし、財布に入れると劣化するみたいなので、箱のままカバンに忍ばせてある。こんなにモテない僕だけど、たまにそういう雰囲気になることがあるので、そういうときはゴソゴソと箱から取り出す。ムードないかな?

 

という記事でした。

指名2回目(本指名)最強説

「本指名」というのは、一度付いたことがある女の子を再度指名すること。飲み屋(キャバクラ等)でも風俗でも広く使われる一般的な言葉。広辞苑に載る日も近いと思う。ホストでも使われているんでしょうか?

 

ちなみに、飲み屋で付いた女の子をその場のノリで指名するのは場内指名。風俗で写真(パネル)を見て選ぶのを写真指名という。

 

――――――――――

女の子からすると、本指名される喜びはひとしおらしい。一見の客が大多数であり、社交辞令で「また来るね~」と言い残して二度と来ない客もいる(僕もたまにやる。。。反省)。

そんななか、私にもう一度会いに来てくれたんだ!っていうのは何よりのモチベーションになるみたい。場内指名も写真指名も見た目(パネル)で選ばれたけど、本指名は「実力」を評価された証。

 

――――――――――

ホテヘルで部屋のドアを開けたとき。JK風リフレでカーテンが開いたとき。飲み屋(ガールズバー等も含む)で再訪して目があったとき。

女の子の目が光輝く瞬間。僕も嬉しくなる。

 

――――――――――

【残念なお知らせ】

「夜遊び」はこの瞬間がピークです。そこから先は、通えば通うほどお互い惰性になっていく。

上がりきった好感度は、あとは下がるしかない。

 

通い詰めたら好感度が上がり続ける女の子も中にはいるけど、それは「縁がある」ってことだと思う。お店ではなくても、いずれどこかで出会っていたかもしれない。

 

これくらいドライに考えていないと「ガチ恋」する恐れがある。別にそれ自体は悪いことではないけど。バランスが大事。

 

 

そういう記事でした。