スズキクンクンの気持ち

ガールズバー、コンセプトカフェ、JK風リフレ、風俗などの雑感。

1NDK

新年一発目は、珍しく正統派の風俗レポートです。

 

1/26(土)18時~

オナクラ(手こきの店)

45分コース14000円とレンタルルーム代1500円

(14000円の内訳)

手こきの基本料金45分6000円⇒服を着たまま手こきしてくれる

指名料1000円

お客様の乳首なめ1000円

ディープキス2500円

オールヌード(生乳揉み吸い付き)3500円

 

 

――――――――――

2019年の姫初めは、167センチの元撮影会モデル。稲村◯美に似てた。稲◯亜美さん、かわいいよね?ただ、挿入しなかったから姫初めとは言わないのかな?

 

【その女の子が病気持ってそうだったという意味ではないです】

1年半ぶりくらいにディープキス(DK)をした。別に避けていたわけじゃないんだけど。キスは粘膜接触なので、梅毒感染のリスクがある。

3ヶ月後に有給休暇とって保健所行きます。公私兼用の手帳の1/26の欄に「DK」という暗号を記し、会社のOutlookのスケジュールで3ヶ月後に備忘アラームをセットしておいたので、忘れることは無かろう。

挿入してないからHIVは心配ないけど、梅毒はキスでもうつるから。でも、リスクを承知のうえでもDKしたくなるくらいかわいい女の子だった。だって◯村亜美だよ?

と言うか、今の時期はインフルエンザの方が怖いけどね。

恥ずかしくて今まで内緒にしてたけど、DKが好きすぎて、間取り図の響きで興奮すら覚えます。一部の界隈では、より情熱的なヌルヌルディープキスをNDKと呼ぶらしい。

1NDKに住みたいね。

 

―――――――――

一応体験談レポートなので。

フィニッシュは、乳首をなめてもらいながらの手こきでいきました。

オナクラでいくときは、DKしてもらいながらか、乳首なめてもらいながらか、いつも悩む。3Pだったら、両立できるね。

2018年総括

2019年の出来事を書く前に、2018年の遊びの総括をしておきたい。思い出せる限り振り返っていきます。

―――――――

【1月】

2017年末(要するにおととし)よりハマっていた、池袋のメンズエステ(どういう店かは今後記事にします)の女の子、Sおりちゃんに大金を注ぎ込む。もらったばかりの冬ボーナスの大半が早くも消滅。

【2月】

あまり覚えてないけど、出会いカフェ(どういう店かは今後記事にします)で色んな女の子と遊びまくる。セックスじゃなくてご飯だけの時もあり。求めていたのは心の繋がりです。

【3月】

友人の紹介で、池袋のとあるコンセプトカフェに行き始める。長らくガールズバーを主戦場にしていた僕にとって新鮮な世界であり、最初は戸惑ったが徐々にハマりだす。

【4月】

4/15に出会いカフェの女の子、Sゆちゃんとセックス。奇しくも、これが2018年最後のセックス(挿入)となった。いま思えば、2018年はオナクラ(手こき)ばかり行った年だったなあ。。。手こきに慣れるとナカじゃイケなくなるんだよね。

【5月】

ゴールデンウィーク9連休、前人未到の毎日池袋行きを達成(自宅から池袋まで片道1時間半くらいかかるにも関わらず)。前述のコンセプトカフェに9日間毎日行った。4月に仲良くなった出会いカフェの女の子Sゆちゃんとも定期的に会う。まあPパ活的なやつですわ。

【6月】

夏ボーナスで、Panasonicの3万円くらいする最新の電気シェーバーを買う。

【7月】

前述の池袋コンセプトカフェで推し変(お気に入りの女性の乗り換え)をする。悪いことをしたなあ。指名が出来ない店においては、僕にはDD(誰でも大好き)的なゆるやかな遊び方が合ってるみたい。指名できる店ならお気に入りをガッツリ指名するのが好きだけど。(例:神奈川県のガールズバーのかりんちゃん)

【8月】

暑すぎて記憶がない。(思い出すの疲れた)

【9月以降】

このブログを始めたので、そちらを参照ください。強いて言えば、12/1に上述の池袋コンセプトカフェ系列全店出禁になりました。これはまだ自分の中で消化できていないので、記事にするのは先になりそうです。

 

――――――――――

この他、日常的に行きすぎて特に記事にはしていないけど、2018年も、2017年から引き続き神奈川県のガールズバー「かりんちゃん」の店に行きまくった年だった。通算でいくら使ったのか考えただけで気が遠くなります。それなのに二人の距離は縮まらず。先日の、かりんちゃんとの同伴ドタキャン事件はこちらの記事参照。

優越感はお金で買えます(同伴編) - スズキクンクンの気持ち

また、2013年から通っている池袋のガールズバー(系列2店)にも足しげく通った。そこは僕のガールズバー遊びの原点のような店で、ガールズバーの厳しさ、楽しさを教えてくれた系列なので、今度まとめて書こうかな。

 

――――――――――

と、ここまで書いて、まだまだネタはたくさんあるな、と思った。ピリオドの向こうへ行けそうです。

気が向いたら適当に更新していくので、2019年も「スズキクンクンの気持ち」をよろしくお願いします。

優越感はお金で買えます(同伴編)

最近更新頻度が落ちたのは、ネタ切れに拠るところは否めませんが、無理せずに書きたい時に書いていくスタンスにします。

 

―――――――

同伴。キャバクラなどではおなじみの遊び方である。定義としては、女の子の出勤前に飲み(食事)に行き、その後一緒にお店に行くというもの。当然、コース料金以外に「同伴料」が発生する。相場は3000~5000円くらいかな?

客としては一定の優越感を得られる。女の子との信頼関係が成り立っていないと出来ない遊び方だから。中には、新規客を自分に振り向かせるために軽々と同伴する女の子がいるかもしれないが、僕はそういう女の子に惹かれない。

2018年12月22日(土)。僕は1年半前から昵懇にしているガールズバーの「かりんちゃん(偽名)」と同伴をしてきた。簡単にスペックを説明すると、身長167センチのモデル体型、原宿の美容院の専属カットモデル、ノリで乃◯坂46オーディションを受けて書類選考を通過するくらいの、そこそこかわいい女の子だ。

一言でまとめると「超ガールズバー級」の女の子。

過去に一度だけかりんちゃんと同伴したが、前述のとおり優越感が半端なかった。その時だけは僕もリア充になれた気がした。

 

――――――――

ここまで書いて一時保存していたが、結論から言うと12/22(土)はドタキャンされた。。。携帯が壊れて出勤できなくなったから、自動的に同伴もキャンセルとのこと。せっかくおいしそうな肉バルを予約していたのに、そちらもキャンセルする羽目に。

普通に考えたらひどい話だ。あまりにもタイミングが良すぎる(悪い意味で)。僕はその日こそLINEで怒りを露にしたが、数日後にまた「かりんちゃん~グヘヘ」と店に行ってしまった。鴨である。絶対ナメられてる。こいつは何をしてもどうせ私の客だ、と。

でも、行っちゃうんだよね。正直で飾らない性格がたまらない。営業とかしてこないし。

別に同伴にこだわらなくてもいいんだけど、優越感を買いたくて。また同伴できる日を夢見て、今日もまたその店に足を運ぶのでした。

【エロ注意】オキニヒストリー

2002年、大学進学のため上京してからのスズキクンクンの歩みは、常に風俗と共にあった。今までどれくらいのオキニ(お気に入り、推し)が居ただろうか。思い出せる限り振り返っていきたい。ガールズバーなどの非接触型風俗は対象外とします。

2002年 かりなちゃん。高田馬場のマンションヘルス(※注1)。スレンダーHカップ。今思い返すと偽乳だったかも?

2003年~2004年 ここら辺は覚えてない。モーニング娘。やZONEにハマっていたから、風俗よりヲタク活動優先だったかも

2005年 名前失念。歌舞伎町ピンサロ。巨乳とかではなかったけど、色恋接客にハマった。初めて店外(※注2)を経験。明るいところで見たらたいしてかわいくないな、と思った記憶が。

2006年 りえちゃん。横浜デリバリーヘルス。Eカップ。世間一般的には充分巨乳だけど、GやHカップのおっぱいに慣れてしまうとEなんてたいしたことないと思ってしまうから不思議だ。当時、就職1年目。大学時代は寮だったので「自宅に呼ぶ」ことに憧れていたから、初めて自宅に招き入れた時に感動したのを覚えている。いつも自分が入ってる風呂場で体を洗ってもらうのは不思議な感覚だった。

2007年 ゆきなちゃん。西船橋デリバリーヘルス。Gカップ。スズキクンクン的歴代美巨乳ランキング4位のちょうキレイで大きいおっぱい。張りがあってモチモチのおっぱいだった。ゆきなちゃんの予約がとれないときに、別の子を呼んだのを店員がチクり、ゆきなちゃんに嫌われてしまった。以来、塩対応されまくって僕から離れていった。惜しいことをした。

2008~2009年 さらちゃん。吉祥寺ピンサロ。店の表記はFカップだったが、エロ医者として触診した限りではGカップ。歴代美巨乳ランキング堂々の1位。あんなにエロいおっぱいは、この先お金を払ってももう出会えないかもしれない。射精せずに、30分間ずっとおっぱい舐めてたこともあるくらい素晴らしいおっぱいだった。偶然お店の近くのローソンで遭遇しただけなのに「出待ちした」と思われて出禁になった。人生初出禁。歯がゆかった。出禁になった後もたまに思い出しオナニーするくらいエロいおっぱいだった。

2009年 名前失念。高円寺ピンサロ。Hカップ。歴代美巨乳ランキング3位。大学1年生のスベスベお肌のリア充ガールだった。オレンジデイズのようなキラキラした大学生活エピソードを聞きながらおっぱいを吸うのが、劣等感を刺激されて好きだった。この子は嫌われたり出禁になったわけではなく、店を辞めてしまった。ピンサロは連絡先交換禁止なのに、律儀に最終出勤日を教えてくれたが、その日は残業で行けなくて悲しかった。最終日に行ってればワンチャン繋がれたかな。。。

2010~2015年 Yちゃん(まだ働いているため伏せ字で)。仙台デリバリーヘルス。

仙台Yちゃん① - スズキクンクンの気持ち

で書いている女の子。歴代美巨乳ランキング2位。G→Hカップ(通っている間にサイズアップした)。東京から月イチで仙台に通うくらいハマった。詳しくは個別に記事にします。

2014~2015年 るいちゃん。高円寺ピンサロ。Gカップ。歴代美巨乳ランキング5位。

初めまして① - スズキクンクンの気持ち

で書いた女の子。最近再会したけどキレイなおっぱいを保っていたからすごい。

 

 

 

―――――――――

ここまで読んで、スズキクンクンはおっぱい星人だと思った人も多いだろう。反論できないのが悔しいが、この16年間、そう思われても致し方ない言動を繰り返したのだから仕方ない。ただ、今は違う。視野が広くなった。お尻や太ももも好きになった。最近はおっぱいに挟まれるのではなく、メガネを外したうえで太ももの間に挟まれるのにハマっている。僕は変化を恐れない。常に進化している。これからも女の子との出会いを大切にしていきます。

 

 

 

 

(注1)プレイ内容はホテルヘルス、デリバリーヘルスと同様(本番禁止)。マンションヘルスは、マンションの一室に女の子が待機していて、その部屋に行きプレイをする。女の子の家に遊びに行っている感覚を味わえる。

(注2)料金システムとして組み込まれている同伴やアフターではなく、プライベートで店の外で遊んでくれること

仙台Yちゃん①

約8年前(2010年秋)。

今は違うけど、その頃は超がつくほどおっぱい星人だった。繰り返すけど、今は違うよ?

当時ハマっていた風俗のオキニは皆巨乳だった。Fカップは当たり前。G、Hカップの子もいた(吉祥寺、高円寺のピンサロ、池袋のホテヘルなど)。今思えば豊作だったなあ。。。

しかし、それでも飽き足らずインターネットで巨乳風俗嬢を探し回っていた。当時スマホは普及していなかったから、ガラケーの「iモード」を駆使して。ある日僕は「巨乳  風俗」という絶妙な検索ワードをひらめいた。敢えて地名は入れずに。すると仙台のデリヘルで働いている「Yちゃん」という女の子が引っかかった。

パネマジが怖くて風俗に行けるか! - スズキクンクンの気持ち

↑の記事のとおり、パネマジで辛酸を嘗めて目が肥えていた僕は驚いた。

「これは。。。本物のGカップだ。。。しかも形も良さそう。。。」

ブラで盛って巨乳に見せかけている写真は結構見るけど、Yちゃんのそれは違った。

当時、埼玉寄りの東京に住んでいたことから、大宮駅へは短時間で行けた。大宮駅から東北新幹線に乗れば、2時間かからずに仙台に行けることが判り、居ても勃(た)ってもいられなくなった。

次の週末、Yちゃんの予約を入れた。

スズキクンクン「あの、◯日△時から、Yちゃん120分予約できますか?(せっかく行くわけだから、長めのコースを予約した。ハズレが来たら、まあ仕方ない、と)」

店員「はい。大丈夫です。120分3万円になります。ホテルはどうなさいますか?立町(国分町)の□□とか××とか」

スズキクンクン「出張(ウソ)で初めて仙台に行くので、よくわからないんですよね」

店員「では、仙台駅に着いたらお電話ください。ご案内します。」

僕は仙台行きの切符を握りしめ東北新幹線に飛び乗った。今では、東北新幹線の車内のメロディを聴くだけで勃起できるようになった。パブロフの犬ってやつだね。

仙台駅で降りると、東京とは明らかに気温が違った。色んな意味で身震いがした。

 

続く。

20180924

 

↑の続き

 

――――――――――

JK風リフレの店舗(マンション)の玄関にて

 

Sちゃん「今日もありがとう!!また来てね」

スズキクンクン「うん!!」

(Sちゃんに手を振った直後に、玄関ですぐそばに座っているイケメン店員さんに)

ス「すみません、明日のSちゃんも予約したいんですけど(真顔)」

Sちゃん「え!?」

イケメン店員「お、おぅ。。。」

 

今日(9/23)はSちゃんの予約が埋まっており19時まで待たされた。散々我慢したあとの射精が気持ちよいのと同じで、19時まで待ってからSちゃんと過ごしたこの90分間は頭が真っ白になるくらい気持ちよかった(性的なサービスはありません)。

もうこの時点で明日(9/24)のSちゃんの出勤は確定していたので、明日は待ちたくない!と勢いで予約してしまったというわけだ。

 

――――――――――

帰宅して我にかえったら、明日(9/24)は連休最終日だし家で大人しくする方がよいのかな。。。と迷いが生まれた。しかし、キャンセルはしたくなかった。以前風俗をキャンセルして痛い目に遭ってるんだよね(いずれ記事にします)。Sちゃんに会ったら何から話そう、と、そんなことばかり思っていたらいつの間にか眠りについていた。

 

――――――――――

9/24(月)

12時間ぶりに池袋に降り立った。家の最寄り駅から池袋まで、ドアツードアで片道1時間半くらいかかるけど、潔癖だからネカフェは無理なので、毎回家に帰っている。自分の布団で寝たいし。

12時間ぶりに会うSちゃんは、相変わらずかわいかった。今日はお散歩コースにした。お昼時だったので池袋のパルコの8階にある「寿司田」に行った。おいしくて雰囲気も良いので、池袋でデートするときの候補の一角。秋限定のランチを食べた。秋刀魚がうまかったなあ。。。Sちゃんは食べ方がキレイで、育ちの良さがにじみ出ていたよ。「今日はリフレの仕事が終わったら、友達と水族館に行くんだ」とニコニコしながら話してくれた。寿司屋を出たあと、お散歩の時間終了までファミレスで談笑して、店(マンション)まで送り届けてバイバイ。

 

Sちゃんにたくさん会いに行きたいけど、JK風リフレはコンセプトカフェやガールズバーと比べたらコスパが悪いし、僕は色んな店に遊びに行きたいタイプだから、Sちゃん一点集中は出来ないな。。。

 

2018年は、もう気づけば残り2ヶ月あまり。年末は毎年恒例の「推し挨拶回り」をする予定なので、その時またSちゃんに会いに行くよ。お元気で。

パネマジが怖くて風俗に行けるか!

パネルマジック、略してパネマジ。風俗好きな男性の中には、この言葉を目にすると嫌な記憶がよみがえる方もいるだろう。

パネマジとは。ソープ、ヘルス、ピンサロ、オナクラ(業態の定義は過去記事参照)などで、写真(パネル)とイメージの違う女が出てくること、またそれによりションボリしちゃうことを指す。イメージとは、顔とか、スリーサイズなど。

僕も何度となくひっかかった。風俗に縁のない方は、どこでも良いので風俗店のホームページを見てほしい。カメラのことは門外漢だからアレだけど、「プロが撮った奇跡の1枚」的な写真がプロフィールに載っているんだよね。モザイクがかかっていると、さらに期待が大きくなってしまう。

最近は(と言っても10年くらい前から)、「写メ日記」なるものを採り入れる店も増えた。プロフィールの「奇跡の1枚」だけでなく、女の子が写真つきのブログを日々更新していて、それを見て容姿を判断することも可能になった。写メ日記が台頭してから僕の勝率はいくぶん上がったような気がするけど、ここ3年くらいで画像加工アプリも急速な進化を遂げているから、写メ日記の写真もだんだん信用できなくなってきた。よく考えたらTwitterだってそうだよね。いたちごっこ。

「あー、この写真あやしいな」という嗅覚を磨くためには、失敗しながら色んな女の子に入って経験を積むことが肝要。あとは、ネット上にある「その子の体験談」も割とリアルな記載で、参考になったりする。穴兄弟に感謝。

 

パネマジはあくまでも「イメージが違う人」が来ること。一度だけ、パネマジではなく「全くの別人」が来たこともある。これは「振替」と呼ばれる悪質な手法。もうショックすぎて、「帰っていいよ」って言ったんだけど、時間にならないとお店に戻れないから、とホテルに居座られて、60分間生きた心地がしなかった。60分間ずっとYouTubeでモヤさま観てた。モヤモヤしたわ~。

 

―――――――――

パネマジの心配がない出会いカフェ(出会い喫茶)のシステムを知った時は衝撃だった。その話はまた別の機会に。