スズキクンクンの気持ち

ガールズバー、コンセプトカフェ、JK風リフレ、風俗などの雑感。

女の子のドリンク

最近お部屋探しでバタバタしていて、久しぶりの更新ですみません。

 

―――――――――

中田英寿サムライブルーの背番号7を背負っていた頃、僕のガールズバー遊びは今よりだいぶ尖っていた。女の子にドリンクをほとんど飲ませなかったのだ。ドリンク代(700~1000円が相場)がもったいなかったし、「おねだり」してくる女の子が苦手だった。女の子に媚びを売るような自分も嫌だった。

 

中田英寿が旅人を志向するようになった頃から、僕のガールズバー遊びはだいぶ丸くなってきた。いいなと思う女の子には、おねだりされなくても自分から「良かったら飲む?」と水を向けるようになった。水商売だけに。

今では、お気に入りの女の子の歓心を買うために飲ませることが増えた。そういうことをしないと、目の前の女の子は楽しんでくれないのではないか、ドリンクも出さないケチなスズキクンクンと話していても楽しくないのではないか、と思うようになったから。

 

―――――――――

かりんちゃん(神奈川某所のガールズバーのお気に入り)と交わしたルールがある。

「1セットに1杯」は保証するけど、逆にそれ以上は飲ませないよ、というルール。

これも、上述のとおり、飲ませないと場が盛り上がらないのではないかという自信の無さの現れだ。

そのガールズバーは最初の1セットが50分、延長が30分単位という変則的なシステムである。かりんちゃんは最初の頃(昨年夏頃)はそのルールを忠実に守っていたが、最近その均衡が崩れかけている。

 

(1セット目の中盤に)

かりんちゃん「ねー!喉かわいた!もう1杯ちょうだい」

スズキクンクン「ダメだよ。1セットに1杯って言ったじゃん」

か「そうだけど。。。最初のセットは50分だから長いの! 30分に1杯って考えればいいじゃん!ね~お願い!」

ス「いや~ダメ(内心OKと思っているが引っ張る)」

か「お願い!ね!」

↑このターンを3回ほど繰り返した後

ス「じゃあいいよ」

か「あはは(笑)優しいね(笑)ありがとう(超絶スマイル)」

 

もともと、かりんちゃんは昨年6月25日に、かわいすぎて場内指名したほどで、完全に見た目から入った女の子だから、そんなかわいい女の子に「ね~お願い!」とか言われたら、そりや出しちゃうわ。1年以上指名し続けてるから、性格の良さも知ってるし憎めない。なんかルールを逆手に取られている気がするけど、まあいいか。

 

最近かりんちゃんは1杯のドリンクに飽き足らずシャンパンをねだり出したので、それは断ってる。フリではなく。