スズキクンクンの気持ち

ガールズバー、コンセプトカフェ、JK風リフレ、風俗などの雑感。

優越感はお金で買えます(同伴編)

最近更新頻度が落ちたのは、ネタ切れに拠るところは否めませんが、無理せずに書きたい時に書いていくスタンスにします。

 

―――――――

同伴。キャバクラなどではおなじみの遊び方である。定義としては、女の子の出勤前に飲み(食事)に行き、その後一緒にお店に行くというもの。当然、コース料金以外に「同伴料」が発生する。相場は3000~5000円くらいかな?

客としては一定の優越感を得られる。女の子との信頼関係が成り立っていないと出来ない遊び方だから。中には、新規客を自分に振り向かせるために軽々と同伴する女の子がいるかもしれないが、僕はそういう女の子に惹かれない。

2018年12月22日(土)。僕は1年半前から昵懇にしているガールズバーの「かりんちゃん(偽名)」と同伴をしてきた。簡単にスペックを説明すると、身長167センチのモデル体型、原宿の美容院の専属カットモデル、ノリで乃◯坂46オーディションを受けて書類選考を通過するくらいの、そこそこかわいい女の子だ。

一言でまとめると「超ガールズバー級」の女の子。

過去に一度だけかりんちゃんと同伴したが、前述のとおり優越感が半端なかった。その時だけは僕もリア充になれた気がした。

 

――――――――

ここまで書いて一時保存していたが、結論から言うと12/22(土)はドタキャンされた。。。携帯が壊れて出勤できなくなったから、自動的に同伴もキャンセルとのこと。せっかくおいしそうな肉バルを予約していたのに、そちらもキャンセルする羽目に。

普通に考えたらひどい話だ。あまりにもタイミングが良すぎる(悪い意味で)。僕はその日こそLINEで怒りを露にしたが、数日後にまた「かりんちゃん~グヘヘ」と店に行ってしまった。鴨である。絶対ナメられてる。こいつは何をしてもどうせ私の客だ、と。

でも、行っちゃうんだよね。正直で飾らない性格がたまらない。営業とかしてこないし。

別に同伴にこだわらなくてもいいんだけど、優越感を買いたくて。また同伴できる日を夢見て、今日もまたその店に足を運ぶのでした。